NEW

独立騒動の井上真央、イベントで怒りと不快感を露わに…配慮欠けるアナウンサーの質問

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 所属事務所からの独立が報じられたばかりの女優・井上真央だが、つい先日出演したイベント現場では、MCからの支離滅裂な質問責めに“大河女優”ならではの皮肉めいたコメントを連発し、明らかに不快感を露わにしていた。


 井上は4月21日、都内で行われた宝酒造の日本酒「澪(みお)」の新CM発表会に、共にイメージキャラクターを務める俳優・玉木宏と出席。イベントのMCは古舘伊知郎の同期でテレビ朝日出身のフリーアナウンサー・佐々木正洋が担当したが、2人に前フリのない意味不明な質問を連発し、場内の空気を乱していたという。

「トークショー中にもかかわらず、佐々木は芸能レポーター気取りで、唐突に井上と玉木に恋愛や結婚の話題を振り、自分で勝手に盛り上がっていました。2人は困惑を露わにし、報道陣も失笑していましたね。それでも玉木は苦笑いで大人の対応をしていましたが、井上は明らかに怒った表情をみせていました。空気を乱しまくっている張本人であるにもかかわらず、佐々木は井上の『毎日お酒を飲む』『ひとりでもお酒を飲む』のコメントを必要以上に強調し、『なんか私、オジさんみたいですね』と皮肉られていました。また、佐々木が商品にちなんで『“澪”のようなスタイリッシュなバディの男性はいかがですか?』と問うと、井上は目を真ん丸にしてキョトンとし、『え? セクシーなバディな男性ですか?』と聞き返すなど呆れかえっていました」(芸能記者)

 トークショーの後半には、それまで井上に親しみをこめて「真央さん」と呼んでいた佐々木が、意図せず井上を「みおさん」と、商品の名前と呼び間違える事件も勃発した。

「井上はすかさず、『そういうことなら、きょうは“井上澪です”と自己紹介すればよかった。最初から言ってくれればよかったのに』と、完全に開き直っていました。最後のほうでは佐々木のハチャメチャなMCぶりを『だんだん楽しくなってきました』などと、大河女優ならではの丁寧な言葉遣いではありましたが、皮肉めいたコメントで批判していました。これほど配慮のないひどいMCは、確かにほかで見たこともありませんが」(同)。

 同じタイミングで井上の独立報道も加わり、まさに最悪な船出を迎えてしまった新CMの先行きが不安だ。
(文=編集部)