NEW

NHKうたのおねえさん、禁止事項だらけの契約条件!恋愛、立ち食い、海外旅行、車の運転

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK放送センター本部(「Wikipedia」より/Rs1421)
 3月31日、『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)の20代目「うたのおねえさん」を務めていた三谷たくみ氏が番組を卒業し、4月から21代目の小野あつこ氏にバトンタッチした。


 同番組は、テレビ黎明期の1959年に始まった歴史ある幼児向け教養番組で、うたのおねえさんは「うたのおにいさん」「たいそうのおにいさん」と並ぶ番組の顔として知られている。

 なかでも、先代の三谷氏は歴代最長となる8年間にわたって務めたことで、交代が発表された時は大きな話題となった。番組卒業後の現在も、幼児とその親の間では「たくみロス」なる現象が起きているという。

 そして、同時に話題となったのが「うたのおねえさんの掟」なるものの存在だ。歴代のうたのおねえさんには、日々の生活から恋愛、結婚に至るまで、契約時にNHKから課せられた数々の“掟”があり、その厳しさはアイドル以上とも噂されている。はたして、うたのおねえさんの掟は本当に存在するのだろうか。

謎の「掟」について、歴代おねえさんやNHKを直撃!


 その真偽を確かめるべく、まず、初代を務めた眞理ヨシコ氏に取材を申し込んだが、「番組の裏側という内容は、本人のこれまでの活動と関係がない」(所属事務所)とNGだった。次に、結婚を機に番組を卒業した16代目の神崎ゆう子氏の事務所にも聞いてみたが、こちらも「(契約は)NHKとの間で交わされたものなので、それを公にすることはできない」と口を閉ざす。

 そこで、彼女たちに掟を課しているとされる当のNHKを直撃すると、こんな答えが返ってきた。

「うたのおねえさんについて、いろいろ言われていることは知っていますが、外に向けてお話はしていないので、“掟”の有無についてもお答えできません。大変申し訳ありませんが、ご協力しづらいですね……」(『おかあさんといっしょ』担当者)

 しかも、番組担当者は受け答えしながら、なぜか電話口で笑いをこらえている。やはり、掟は噂にすぎないのだろうか。

スポーツや車の運転もNG!


 しかし、さらに取材を進めると、約2年前にうたのおねえさんの1人がテレビ番組で掟について証言していたことがわかった。三谷氏の前任者で19代目を務めたはいだしょうこ氏が、2014年に『まさかのタメ年トークバラエティ!ビックラコイタ箱』(日本テレビ系)に出演した際、掟について赤裸々に語っていたのである。