NEW

天才子役の寺田心、バラエティー番組出演は破格の低額ギャラ!その背景に巧みな戦略が!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160428.jpg

“天才子役”としてブレークし、現在放送中の芦田愛菜と米女優シャーロット・ケイト・フォックスがW主演を務めるフジテレビ系ドラマ「OURHOUSE」にも出演している寺田心。

 弱冠7歳ながら、その卓越した演技力はまさに“天才子役”の呼び声に相応しいものだが、ことギャラに関しては破格の安さで業界内では知られているという。

「まだ子供とはいえ、人気子役ともなると成人俳優、女優並のギャラを提示されることもあるのですが、寺田の場合は文化人並の格安ギャラ。中でもバラエティー番組に関しては、1ケタ台前半のギャラでも引き受けてくれるともっぱらです」とは某民放テレビ局編成担当。

 その背景には、寺田の周囲のオトナたちによる巧みな戦略があるようで…。

「本人の意向なのかはさておき、寺田サイドとしてはとにかく露出を増やし、知名度をさらに高めると同時に、何とか代表作と呼ばれる作品を一つ作りたいようですね。その先には、大手クライアントのCMを取りたいという狙いがあるのでしょう。テレビ不況と呼ばれる昨今、ドラマやバラエティーなどのテレビ番組のギャラは軒並み下がっています。そんな中でも、大手クライアントのCMともなれば、1本で数千万円という破格のギャラが見込まれますからね。タレント寿命が短いと言われる子役にとって、CMの仕事はまさに一攫千金のチャンスですしね」(同民放テレビ局編成担当)

 さらに、最近のCM業界の傾向もこの戦略を後押ししているとか。

「炎上社会と言われる昨今では、ベッキーのケースではないですけど、CM向きの好感度タレントと呼ばれる芸能人でも、一つの過ちをキッカケに一気に商品価値を失ってしまう。その点、子役に関してはスキャンダルとも無縁で、クライアントも安心して使いやすい。今後はスキャンダル対策も加味して、子役を使ったCMが増えていくことになるでしょう」(大手広告代理店社員)

 寺田の破格のギャラは、プロモーションの一環や来るべき大仕事に向けての初期投資とも考えられるが、果たしてその戦略は功を奏するのか?
(文=JAPAN芸能カルチャー研究所