NEW

保育園を開園するなら今!? 「小規模認可保育所」の増加で、待機児童問題の改善なるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 注目すべきは、現在問題になっている待機児童の85%は0歳~2歳児だという点。つまり、0~3歳児を預かる小規模保育を増やすことは、待機児童問題の根本的な解決につながるのだ。

 本書では他にも、待機児童の問題が起きた背景として、「民間企業の給与の減少」「共働き世代の増加」などに触れながら、詳細な解説がなされている。これまで、この問題を漠然としか理解していなかったという人にとっては手軽に理解を深められる、心強い一冊と言えるだろう。

(新刊JP編集部)

関連記事

保育園選び、外してはいけない4つのポイント
共働き子育てを考えている人は知りたい“こんな保育士がいる保育園はNG!”
子どもが突然体調を崩した… 共働き夫婦にとって力強い“助っ人” とは?
現代の子育ての現場を描き切った意欲作

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

保育園を開園するなら今!? 「小規模認可保育所」の増加で、待機児童問題の改善なるかのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、保育園小規模保育待機児童の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!