NEW

三島由紀夫が赤裸々に描いた同性愛! 文学とプライバシーをめぐる差止め裁判の結末

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

1605_kaishubon2.jpg
『三島由紀夫―剣と寒紅』(文藝春秋)

 本文では掲載しきれなかったが、文学とプライバシーをめぐる問題で出版差し止め・回収をめぐって裁判で争われたケースもある。

 作家・柳美里の『石に泳ぐ魚』(新潮社)という作品は、1994年に雑誌に掲載された。その後、モデルになった女性から出版差し止め訴訟を起こされ、最高裁で柳美里側の敗訴が決定。これは、同じくモデルとなった人物から訴えられた三島由紀夫の『宴のあと』(同)以来の、文学とプライバシーをめぐる大きな裁判となった。

 当の三島由紀夫に関しては、死後28年を経て、かつて交友関係にあった福島次郎という男性が98年に刊行した『三島由紀夫─剣と寒紅』(文藝春秋)は、三島と著者の同性愛関係が赤裸々に描かれていたことから、大きな物議を醸した。

「サイゾーpremium」で続きを読む