NEW

『レヴェナント』復讐の旅の果てにあるものーー過酷な大自然の中に描かれた人間の内面世界

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アメリカ西部開拓時代、ヨーロッパからの入植者によって未だ征服されていない北西部の奥地に踏み込む狩猟団のなかに、伝説となった実在の人物、ヒュー・グラスがいた。彼は灰色熊に襲われ体中に傷を負い瀕死の状態になり、仲間に見捨てられ森に捨てられながらも自力で帰還したという剛の者だ。本作『レヴェナント: 蘇えりし者』の原作者マイケル・パンクは、この題材を文学作品に仕上げるべく、当時の地勢や生活を物語る膨大な資料や、実際に罠猟に使われる罠を自作するという苦労を重ね、説得力のある物語を創作し、不明な部分を補完した。本作でアカデミー監督賞連覇を成し遂げたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、その物語をさらに改変し、家族、宗教、哲学などの要素を加え、新たな芸術作品としてこの題材を再び蘇らせている。今回は、この作品のテーマと結末の意味を読み解いていきたい。

 監督自身による本作の脚本が原作と最も違う点は、ヒュー・グラスの息子が殺害されるという部分である。実際のグラスは単独で森に捨てられたと伝えられていて、原作ではフィッツジェラルドら二人に裏切られ、置いてきぼりにされたことへの怒りが、彼の帰還の原動力となっていたとある。映画ではそれが、息子を殺された恨みに変更されることによって、より感情移入しやすい設定になっており、その後の追跡劇と対決が描かれることにより、いかにもアメリカ的な「西部劇」に置き換えられたように見える。

続きはこちら