NEW

アホバカ発言で渦中の議員、全然アホじゃなかった!「民進党は死ね。家族より国が大事」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
足立康史 HP」より
 おおさか維新の会足立康史衆院議員といえば、民進党の前身の民主党時代から、同党に対して「アホバカ」と言ってはばからない御仁である。それが国会の審議の場における発言のため、懲罰動議にもかけられている。しかも、それは一度ではない。


 まずは2月24日の衆院予算委員会中央公聴会で、民主党と維新の党(いずれも当時)が推薦した公述人の郷原信郎氏に対して暴言を吐いた件だ。そもそも郷原氏はその前年の維新の党の分裂に際し、足立氏らと対立関係にあった松野頼久氏側に弁護士として助言。2011年の大阪府知事選では、民主党大阪府連から松井一郎氏の対抗馬として出馬要請を受け、積極的な姿勢を見せたこともあった。いわば足立氏にとって“敵”という存在だ。

 そんな郷原氏に対し、足立氏は「あなたは専門家ではない、政治屋だ。売名行為をしたことについて批判する」と断じたのだ。

 次に4月7日の衆院総務委員会で、「安保法廃止法案が対案だと胸を張っている民進党はアホじゃないかと思う。どうしようもない政党だ」と発言した件だ。民進党は翌8日に衆議院に懲罰動議を提出した。

 こうした抗議にかかわらず、足立氏はまったく反省する様子を見せていない。それどころか、民進党が抗議すればするほど、まるでそれをエネルギー源にしているかのように、さらにパワーアップしているのだ。4月19日の衆院総務委員会でも「『日本死ね』よりマシだ」と弁解。「私は国民の声として、『民進党は死ね』と言っている」と開き直った。

 なぜそこまで民進党を「アホバカ」と言うのか。足立氏はもともと暴言の多い人だったのか。経済産業省官僚時代の足立氏を知る人に聞いてみても、「そんな発言をする人ではなかった」という言葉しか返ってこない。足立氏は京都大学卒の元キャリア官僚だ。考えもなく「アホバカ」、さらに「死ね」まで口にするはずはない。そこで足立氏本人に理由を聞いてみることした。

民進党は民主主義を冒涜?


「聞いて!聞いて!」

 まさに言いたくてたまらなかった様子で、足立氏は事務所に筆者を招き入れてくれた。

「そもそも僕がああいう発言をするようになったのは、共産党が国民連合政府構想を提唱したことがきっかけなんですよ」

 ならば共産党に「アホバカ」だろうに、なぜ民進党がターゲットになるのか。

アホバカ発言で渦中の議員、全然アホじゃなかった!「民進党は死ね。家族より国が大事」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、おおさか維新の会民進党足立康史の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!