NEW

iPhoneの画面破壊や水没などの故障、街の修理業者は危険?安心できる業者はこう選べ!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「iPhone 6」(撮影=編集部)
 靴の修理や合鍵作成で知られ、全国に約300店舗を展開する「ミスターミニット」が、スマートフォン(iPhoneのみ)の修理にも乗り出している。


 また、2015年12月には、アメリカのスマホ修理・買い取りサービス「iCracked」の世界初店舗が東京・渋谷に登場した(当面はiPhoneのみ)。同社は、米経済誌「フォーブス」の「2015年最も有望な企業ランキング」で18位に選ばれているベンチャー企業で、拡大するスマホ修理市場は激化の一途をたどっている。

 こうした修理業者に修理を依頼する最大のメリットは、「その場ですぐに直してもらえること」だ。端末を一定期間預けなくてもいいことから、利用者は後を絶たない。なかでも、修理の依頼がダントツに多いのが、国内スマホ市場で6割以上のシェアを誇るiPhoneだ。

 しかし、アップルストア以外の業者に修理を依頼するのはリスクもありそうで、二の足を踏んでしまう人もいるはずだ。実際、どの業者に修理を頼むのがいいのだろうか。また、料金などの違いは、どのくらいあるのだろうか。スマホ修理の実情について、スマホ評論家の新田ヒカル氏に話を聞いた。

スマホの修理業者が乱立するワケ


「昨今、確かにスマホ修理業者は増え続けています。というのも、iPhoneの場合はアップルストアに修理に出すと、直るまで端末を預けなければいけない上、必ずしも代替機も貸してもらえないという難点があるためです。貸してくれる場合は、Androidになってしまうんです。iPhoneユーザーとしては、Androidを渡されても困りますよね……」(新田氏)

 では、各携帯電話事業者(キャリア)のショップに修理に出したいところだが、キャリアショップはiPhoneの修理を受け付けていない。その点、修理業者は「その場ですぐ直せる」が売りのため、利用者が後を絶たないのだという。

「今や、スマホ修理は県やエリアごとに各業者の料金を比較するサイトまであるぐらいです。『iPhone 修理 比較』などで検索すれば、比較サイトがいくつも見つかりますよ」(同)

 アップルストア以外にiPhoneを修理に出したことのない人は、そんなサイトがあること自体、知らないかもしれない。なぜ、そこまでスマホ修理業者が増えているのだろうか。

「スマホ修理というのは、結局、iPhone修理のことなんです。Androidは機種が山ほどあり、各店舗が修理用のパーツを確保するのが難しい。それに対して、iPhoneは『6』と『6s』の部品がほとんど同じで、『5』と『5s』、『4』と『4s』もほぼ同じです。

 ある程度、部品の在庫がコンパクトで済むため、ビジネスとしては成り立つのです。それに、ミスターミニットの場合は、鍵1本900円~、靴の修理1300円~などと比べると、iPhone修理は単価が高いですからね」(同)