NEW

クリステン・スチュワート、波乱の女優人生ーー色眼鏡に晒された“元・子役”はいかに評価を得たか

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 フランスの映画賞といえば、カンヌ国際映画祭だ。世界中から一流映画人たちが集う映画の祭典であり、数多くの映画が売買される映画見本市でもある。映画界のビックイベントだといえるだろう。しかし、カンヌはあくまで「国際」映画祭である。当然ながら、フランスにはフランス国内向けの映画賞が存在する。それがセザール賞だ。近年では『アメリ』('02)や『愛、アムール』('13)などが、このセザール賞を受賞している。いわばフランスのアカデミー賞だと言えるだろう。そんなセザール賞に2015年、珍しいことが起きた。助演女優賞をアメリカ人女優が受賞したのである。これはセザール賞の歴史上初のことだった。この快挙を成し遂げた女優こそ、クリステン・スチュワートである。今回の記事では、クリステンをセザール賞へと導いた『アクトレス〜女たちの舞台〜』('14)のBlu-ray/DVD化を記念して、同作を含む彼女の転機となった2014年を軸に、弱冠26歳にして人生の酸いも甘いも味わった彼女の足跡を振り返っていきたいと思う。

 クリステンのキャリアは、まさに俳優一筋、バリバリの叩き上げである。芸能一家に生まれたクリステンは、子役としてテレビドラマの脇役からキャリアをスタートさせ、十代になるとデヴィッド・フィンチャー監督の『パニック・ルーム』('02)や、ジョン・ファヴロー監督の『ザスーラ』('05)など、ハリウッドの一流監督たちとの仕事をものにする。子役上りは不幸な結末を迎えるものも多いが、クリステンはそうはならなかった。しかし、そのまま堅実に若手実力派女優として成長していくかと思われたが、突如として人生を一変させる「大波」がやってくる。美形吸血鬼と少女が恋に落ちるヤングアダルト小説『トワイライト』シリーズの主役に抜擢されたのだ。

参考:続きはこちら