NEW

高橋みなみ、会見で「AKB」使用禁止の異例要請…「元いたグループ」と表現

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋みなみ
 4月にAKB48を卒業したばかりの高橋みなみが、“脱AKB”を強く意識し、AKBというキーワードを口に出すことにさえ難色を示しているという――。


 高橋は卒業翌日から休むことなく、レギュラー番組はもちろん、企業イベントなどにもひっぱりだこで働きづめ。今月26日には米企業が主催する東日本大震災復興支援の一環で9月に開催される社会貢献型音楽イベント「RockCorps supported by JT 2016」の開催記者発表会に登場した。現場にいたテレビ局関係者は語る。

「高橋への囲み会見直前に、イベント主催者サイドから『過去にAKBとして行ったボランティア活動は、AKBとしてではなく、高橋みなみさん個人という表現でお願いします』という不可解なお達しがあったのです。その場にいた事務所関係者が不穏な空気を察し、『ウチは全然大丈夫です。普通に聞いてください』と、何事もなかったように囲みが開始。しかし、高橋自身は過去のボランティアの話になった際、AKBのことを『元いたグループ』と表現。その場に居合わせた報道陣は驚いていました」

 この高橋の言動についてアイドル専門誌編集者は、「ソロ活動する上でAKBという名前から早く離れたいという気持ちはわかりますが、卒業してからまだ1カ月も経っていないので、ちょっと理解に苦しみます」と嘆く。

 しかし、AKB担当記者は次のように高橋に理解を示す。

「すでに卒業した前田敦子も大島優子も、女優やアーティストなど個人で大成したいという野望を持ってAKBに入っています。メンバーにとってAKBはあくまで踏み台ですが、現実的には卒業して1年以上経っても“元AKB”というとらえられ方をします。そんな元メンバーたちを見てきた高橋は、できるだけ早いうちにAKBというイメージから離れることを選んだのではないでしょうか」

 一方、芸能事務所係者は別の見解を示す。

「AKBに所属しているうちは、メンバーのスケジュール管理も所属事務所にはほぼ権限がなく、運営元であるAKS主導です。卒業してからが事務所にとっては稼ぎ時。しかし、AKSも卒業したメンバーの集客力を現在のAKBのイベントに有効利用しようとすることが多い。高橋の事務所はAKSとの間で、AKBの活動に協力できない代わりに、ソロ活動する上でAKBの名前を利用しないという約束を交わしたのかもしれません」

 AKBグループ総監督まで務めた高橋の口から、今後一切「AKB」という名前は聞けなくなるのか。大人の事情があったとしても、ファンにとっては寂しい限りだ。
(文=編集部)