NEW

障害者の性欲処理の実態…母が処理、風俗店の前に置き去り、専門デリヘルは資格持つ風俗嬢

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 足の悪い障害者の場合は風俗店のスタッフが複数人で迎えに行き、抱え上げて店内まで連れて行く。そして、終了時間にはスタッフが再び店の前まで連れて行き、一時的に放置するような状態にして、適当な時間に家族が迎えにくる。これが一般的な流れとはいえ、なかなか残酷な光景にも見える。

 そんななか、デリバリーヘルスの誕生は障害者の風俗店利用にとって革新的だったという。自宅まで風俗嬢が来てくれるのだから、障害者にも家族にとっても便利だ。一部ではあるが、障害者専門デリバリーヘルス(以下、専門デリヘル)も誕生している。今回、専門デリヘルのオーナーに障害者の性事情などについて聞いた。

 専門デリヘルと聞いて「一般のデリヘルと何が違うのか」と感じる人もいるかもしれないが、その実態はまったく異なる。当たり前の話だが、デリヘルを呼ぶ際、家族は留守で障害者が1人で家にいることになる。

 障害によっては1人で起き上がれなかったり、ドアを開けられなかったり、言葉を上手に交わせない人もいる。また、「家まで来てくれる」ということで、専門デリヘルでは、より重度の障害者もお客さんの対象となる。

 つまり、お客さんの家に向かう時には風俗嬢1人だけではなく、障害者を介助するためのスタッフも必ず同行しなければならない。そして、プレイできる態勢になるまで、体を起こしたり、拭いたり、シャワーに連れていったりしなければならないのだ。

 大人を持ち上げたり抱えたりすることになるため、風俗嬢もスタッフも介護の資格を持つなど勉強していないと対応できない。

 一般の風俗嬢より大変な仕事だということは想像がつくが、なぜそんな職種に働き手が集まるのだろうか。求職者の数は圧倒的に少ないものの、実際に働いている女性は接客上手が多いという。

障害者専門デリヘルで働く女性たちのホンネ


 そこで、実際に専門デリヘルで働いている女性に話を聞くと、元介護士や元看護師などの職歴を持つケースが多かった。どの女性も、そもそも人のお世話をするのが好きだという。また、一般の風俗店で働いていたものの、お客さんから乱暴な扱いを受けるなど怖い思いをし、精神的にダメージを負ってしまったというケースもあった。

 彼女たちに言わせると、「障害者のお客さんは、お世話することは多いけれど、決して乱暴なことはされないから安心」なのだという。そして、口を揃えて「『ありがとう』という感謝の気持ちが、日常生活ではあり得ないほど深く心に伝わるのがうれしい」と語る。

障害者の性欲処理の実態…母が処理、風俗店の前に置き去り、専門デリヘルは資格持つ風俗嬢のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、デリヘル性欲障害者風俗の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!