NEW

女優の裏の顔…石原さとみは琴奏者、深田恭子は書道特一段、榮倉奈々は三味線師範

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石原さとみ
 4月4日にスタートしたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。初回の視聴率は22.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)と同枠で今世紀2位の好発進を見せ、27日の放送では24.6%の自己最高を記録した。


 主演を務める高畑充希は、ミュージカル「ピーターパン」で6年間にわたって8代目ピーターパン役を務めるなど、数々の舞台出演歴を持つ。その歌声には以前から定評があり、現在もかんぽ生命やドコモ光のCMで美声を披露している。いわば“歌う女優”だ。

 一方、『とと姉ちゃん』の前々作にあたる『まれ』でヒロインを務めた土屋太鳳は“踊る女優”だ。土屋は日本女子体育大学で舞踊学を専攻しており、オーストラリアの歌手・Siaの楽曲「Alive」の日本版PVに出演、その様子が『情熱大陸』(TBS系)で放送されると「プロ顔負けのダンス」「ダンサーとしても秀逸」と話題を集めた。

 また、現在主演ドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(テレビ東京系)が放送中の松岡茉優は、バラエティ対応力の高さからお笑い番組でMCをこなすなど、“仕切れる女優”として異彩を放っている。

 女優という職業自体が究極の“一芸”ともいえるが、演技力以外に、このような“付加価値”のある女優が増えつつあるのは、なぜなのだろうか。テレビ・ドラマ解説者でコラムニストの木村隆志氏に聞いた。

もはや「演技力」だけでは競争に勝てない時代に


「かつて1980~90年代はアイドル女優が多く、人気を背景に主演・助演を問わず、当然のようにドラマや映画に起用されていました。2000年代に入り、アイドル女優こそ消えたものの、『演技力よりも人気優先』の若手女優が起用されていましたが、10年代に入ると様相が一変。演技力が作品出演への絶対条件のようになりました。

 その象徴がNHKの朝ドラ。かつては『無名の新人をオーディションで選び、視聴者が演技の成長を見守る』というかたちが定番でしたが、00年代後半から、主演経験のある演技派の女優を起用するようになりました。近年は、その朝ドラの主演・助演を筆頭に、演技力を売りにした若手女優の層が厚くなったことで、なんらかの『付加価値=一芸』が必要になりつつあります。

 そのため、大半の若手女優は、『オファーやオーディションの幅を広げるために、何か一芸を身につけたい』と考えていますし、所属事務所もそのためのアドバイスをしています。

 もともと女優は、感性を高め、演じられる役柄を増やす意味でも、和の日本舞踊、茶道、生け花、着付け、洋のダンス、ワイン、フラワーアレンジメント、社交マナーなど、さまざまな世界に興味を持ってスキルを磨くもの。最近では、イメージアップに加えて、トーク番組、ブログ、ツイッター、インスタグラムなどのネタに使えることもあり、それらに積極的な女優が増えています」(木村氏)