NEW

夫婦関係がまさかの逆転!? 堀北真希が夫・山本耕史の浮気防止のために束縛モード全開!!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1605_horikita.jpg

 女優・堀北真希といえば、昨年8月に俳優・山本耕史と電撃結婚を果たし、芸能活動を半ば引退状態となっている。

「堀北さんはデビュー以来、とくに浮いた噂もなく、“スキャンダル処女”としてストイックなまでに女優業に打ち込んできただけに結婚後はプライベートの時間を大切にしたいということなのでしょう。一時期は所属事務所を退社し、芸能界を完全に引退するなんて噂も一部で流れましたが、事務所サイドの強い慰留もあり、とりあえず籍だけは置いているようですね。とはいえ、当分の間はオフモードだと思いますよ」とはスポーツ紙の芸能デスク。

 そんな堀北の電撃婚に関しては、約6年間のアタックや40通近いラブレター、新幹線でのプロポーズなど山本の猛アプローチによるところが大きいことは広く知られている。

 そのため、結婚当初2人の夫婦関係は、堀北が圧倒的に主導権を握るものと思われていたが、最近はどうも様子が違うようだ。

 堀北の所属事務所関係者は声を潜めてこう語る。

「結婚当初は、『結婚してあげたんだから私のわがままを聞いてよ!』と、夫に対して上から目線だった堀北ですが、最近はすっかり立場が逆転してしまっているようですね。夫の山本のことが気になって仕方がないようで、『今日は誰と、どこで何をしていたの?』と夫の山本を束縛する日々だそうです。それどころか、独身時代はプレイボーイとして鳴らした山本が共演者にちょっかいを出さないか、山本の出演するドラマの収録現場に浮気防止のために突然顔を出すこともあるとか」

 かつて、収録現場ではクールな女王様キャラで知られた堀北だが、結婚を機にすっかり変わってしまったようだ。

 夫の山本は、最近ではテレビ朝日系「相棒」シリーズでの水谷豊の“新相棒”候補として水面下で名前が挙がっているようだが、いっそのこと堀北との夫婦サプライズ共演も期待したいところだ。
(文=JAPAN芸能カルチャー研究所