NEW

ベッキー、金スマ不倫釈明で本格復帰絶望的…テレビ各局とスポンサー企業を敵に回す

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッキー
 1月にロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動を起こし、芸能活動休止状態だったタレント、ベッキーが、約3カ月ぶりに復帰した。ベッキーは5月13日放送のテレビ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演し、司会の中居正広(SMAP)からの質問に応えるという形式で、一連の騒動を釈明した。

 番組内でベッキーは、川谷が妻帯者だと知りながらも交際を続けたことについて、『夫婦関係は破綻していると私は思っていたので』と説明。さらに不倫中に一緒に川谷の実家へ旅行に行った理由について、『親戚のお子さんがいて会わせたいということでお誘いいただいて』などと釈明した。また、川谷の奥さんと直接面会し謝罪する予定であることも明かし、現在の川谷への恋愛感情については「好きじゃないです」ときっぱり否定した。

 ベッキーとしては、これをひとつの区切りとして今後本格的に芸能活動を再開させたいところだろうが、テレビ局関係者は語る。

「今回の出演は、視聴者がどのような反応を示すかを番組サイドが“試す”という位置づけのものなので、今後『金スマ』にレギュラー出演することを意味するものではありません。TBSとしては視聴者の反応をみて、特にスポンサー企業の意向を尊重しつつ検討して今後継続的に起用するかを決める。不倫発覚後、ベッキーの出演番組のみならず、そのスポンサー企業に直接、視聴者からのクレームが殺到したことが、各番組がベッキー起用を一斉にやめた大きな原因ですが、今回の釈明における一連の発言でベッキーの“自分勝手さ”が視聴者に強く印象づけられたことは否めません。TBSや『金スマ』スポンサー企業にクレームが殺到していることは容易に想像でき、それを受け他局もベッキー起用に尻込みしてしまう。本格復帰は絶望的といえるでしょう」

 別のテレビ局関係者は語る。

「実はここ最近、ベッキーはレギュラー出演していた各番組スタッフにお忍びで“お詫び行脚”を行ってきました。各番組サイドとしては高い視聴率が確実視できるため、どこも“ベッキー復帰一発目”を狙っていました。今回の『金スマ』出演についてベッキーサイドは他局に対し事前に説明を行っておらず、これは非常にマズイです。TBS以外の局は“裏切られた”と受け止めてしまい、今後TBS以外での起用は難しくなるでしょう」

対応のまずさ


 さらに、別のテレビ局関係者も厳しい見方を示す。