NEW

満島ひかり『トットてれび』の型破りな挑戦 “テレビが自由だった頃”をどう取り戻すか? 

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 満島ひかりが黒柳徹子を演じるNHK『土曜ドラマ トットてれび』(毎週土曜20:15~/全7回)は、実に野心的なドラマだ。黒柳徹子の回想録である『トットひとり』、『トットチャンネル』を原作としながら、自身も熱烈な黒柳ファンであるという脚本家・中園ミホがそれを再構築、テレビの歴史とともに歩んできた黒柳徹子の半生を描き出していくという本作。実在の人物の半生を連続ドラマで描くのは、『あさが来た』や『とと姉ちゃん』を例に挙げるまでもなく、NHKの最も得意とするところではある。しかし、それを半年という長い期間ではなく、約30分×7回という短い尺のなかで描き出すことなど、果たして可能なのだろうか。そこで本作は、思わぬ奇策に打って出るのだった。

 黒柳徹子と言えば、『徹子の部屋』(テレビ朝日)をはじめ、現在もテレビでお馴染みのタレントではあるものの、そもそもはNHK専属テレビ女優第1号として、そのキャリアをスタートさせた人物だ。つまり、彼女の半生イコール、日本のテレビの歴史といっても過言ではないのだ。よって本作は、昭和28年(1953年)、NHKがテレビ放送開始のために専属俳優を募集したところからスタートする。自らの進路に思い悩んでいた当時20歳の徹子(満島ひかり)は、同居する両親にも内緒で応募し、6000名を超える応募者のなかから見事選ばれNHK入局を果たす。とはいえ、当時まだまだ未知のものであるどころか普及もしていなかった「テレビジョン」の現場は、彼女にとって決して楽なものではなかった。のちに彼女が書くことになる、戦後最大のベストセラーとなった自叙伝『窓際のトットちゃん』に記されているように、幼少の頃から人とは違う「個性」によって小学校を退学させられるなどつらい経験をしてきた彼女は、ここでもまた周囲の人々から浮かび上がってしまうのだ。しかし、そんな彼女を採用したNHK文芸部のプロデューサー・大岡龍男(武田鉄矢)、現場で失敗続きの徹子の「個性」を初めて面と向かって肯定してくれた劇作家・飯沢匡(大森南朋)など周囲の人々のサポートによって、やがて彼女は「テレビジョン」という新しいメディアのなかで、めきめきと頭角を現してゆく……。

続きはこちら