NEW
雨宮寛二「新・IT革命」

グーグルのクローム、他社と比べものにならない便利さ…IEの牙城壊しブラウザ市場トップ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルのクローム
 先頃、インターネットのブラウザ(閲覧ソフト)市場で米グーグルのクロームが、米マイクロソフトのインターネット・エクスプローラー(IE)を抜き世界で首位に立った。


 ブラウザ市場での競争は、ネットが商用化した1990年代初頭に第1次ブラウザ戦争として始まった。ブラウザ史上初めてテキストと画像の同時表示を可能としたモザイクが起点となり、ネットスケープやIEが黎明期の主役として競い合った。

 その後、2000年代に入り第2次ブラウザ戦争が始まったが、IEを中心にしてモジラ・ファイヤーフォックスなどの新興ブラウザが登場し、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル端末も巻き込んで、クロームやサファリなどが後発として参入した。

 なかでもクロームは、グーグル社内で開発の是非についての議論が沸騰したといわれている。開発を強く希望したのは、グーグルの現CEO(最高経営責任者)であるサンダー・ピチャイ氏で、当時ブラウザといえばIEが世界市場シェアの9割を占めていたため、開発に対する風当たりは極めて強かった。

 だが、ピチャイ氏はこうした逆風にもめげず、クローム開発の重要性を唱えて経営陣を説得し、開発を実現することに成功した。彼の主張の根拠となったのは、「グーグルこそが現行のブラウザよりもより良い製品の開発ができる」との考えであった。それは、より速くて使い勝手の良いブラウザの開発を意味していた。

 ピチャイ氏の主張は理解されても、当時社内では誰もがIEとのシェアを逆転することは不可能であると思っていたに違いない。だが、ハイパーコンペティション(過当競争)の時代である。あのシンビアンも長らくモバイルOSのリーダーとして市場に君臨したが、iOSに押されアンドロイドのオープン戦略が決定打となり舞台の袖に追いやられている。有為転変は世の習いであり、今後も特定のプレイヤーが持続的な競争優位を築くことは難しいであろう。

卓越した技術力


 クロームがシェアを伸ばしたのは、アンドロイドを搭載したスマホやタブレットといったモバイル端末への標準装備が大きく影響しているが、パソコン端末でも着実にシェアを伸ばしてきた点も見逃すことはできない。その躍進の背景には、競合企業との差別化を可能にしたクロームの卓越した技術力がある。