NEW

「ポストカトパン」をめぐりフジテレビ局内で派閥争いが勃発!?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1605_katou.jpg

 長きにわたってフジテレビのエースアナとして活躍してきた加藤綾子アナが、4月いっぱいで同局を退社した。

 となると、気になるのが加藤アナの後継者とも言うべきフジの次期エースアナの存在だろう。

 フジといえば、八木亜希子アナ、高島彩アナ、中野美奈子アナ、そして加藤アナなど、エースと呼ばれる女子アナが結婚やフリー転身などで局を離れるたびに新エースが台頭し、局を盛り上げて来た。

 だが、傍目から見ると“ポストカトパン”と言える次期エースアナが誰かとなると、いまいちピンと来ないというのが実状だが、同局スタッフはこう語る。

 「加藤アナは、ルックスはもちろん、情報番組からバラエティー番組までそつなくこなせる高い総合力がありましたからね。やはり加藤アナの抜けた穴は大きいですよ。普通に考えれば加藤アナのライバル的存在だった生野(陽子)を筆頭に、三田(友梨佳)アナや宮澤(智)アナあたりになるのでしょうけどね」

 そんな中、にわかに注目を集めているのが、最近頭角を現している永島優美アナだ。

 ルックスも良く、年齢的な伸びしろもあり、実際に加藤アナが長年務めた「めざましテレビ」の女性メインMCを引き継ぐなど、まさに加藤アナの後継者の最有力候補とも言えそうだが……。

 先の同局スタッフは明かす。

「確かに、永島アナもそういった自覚はあるようです。ただ、最近は生野アナと永島アナが派閥のようなものを作り始めていて。ただでさえ、ウチの局は視聴率で苦戦するなど逆風続き。おまけに加藤アナまで辞めてしまってかなりのピンチなのに、そんなことをしている場合じゃないだろうとシラケている局員も多いですよ」

 加藤アナの抜けた穴があまりにも大きいだけに、局アナたちには“ポストカトパン”争いよりも先にまずは一致団結し、局を盛り上げてほしいというのが同局関係者たちの願いのようだ。
(文=JAPAN芸能カルチャー研究所