NEW

ベッキー、金スマ出演にテレビ各局が大激怒…復帰メド立たず、しくじり先生のオファー拒否か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッキー
 1月にロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動を起こし、芸能活動休止状態だったタレント、ベッキーが、約3カ月ぶりに復帰した。ベッキーは5月13日放送のテレビ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演し、司会の中居正広(SMAP)からの質問に答えるという形式で、一連の騒動を釈明した。


 ベッキーは、この『金スマ』出演を機に芸能活動を再開する予定だったが、ここにきてその計画が大きく狂いだした。計10本以上もあったテレビのレギュラー番組への完全復帰はいまだそのメドすら立っていない。そればかりか多くのテレビ局関係者から一斉にソッポを向かれ始めたのだから堪らない。テレビ局関係者が語る。

「明らかに調整ミスです。TBS以外のテレビ局編成部が、今回の『金スマ』出演を所属事務所からではなくスポーツ紙で知ったような状態でした。しかも、その報道内容も4月30日には茨城県でロケを終えているというものでした。ベッキーがレギュラーを抱えていた各テレビ局は、それぞれ復帰番組について詰めている真っ最中ですよ。事務所から連絡があったのは報道後で『知らなかった、抜かれた』と主張するばかり。これにはカチンときました」

 さらにベッキーがツイていなかったのが、『金スマ』が視聴率を取りすぎてしまったことだろう。なんと平均視聴率24%近くをマークしたのだ(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)。結果、多くのテレビ局から逆恨みを買ってしまう事態となった。

「ほどほどであれば、まだ良かったのですが……。同時間帯の他局番組の平均視聴率をみてみると、日本テレビは『かぞくムービー大賞AWARD2016』が6.3%、テレビ朝日の『金曜 ロンドンハーツ』が6.2%、フジテレビの『金曜プレミアム』は5.9%、テレビ東京の『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』が6.1%、頭一つ出たNHKの『ニュースウオッチ9』が9.1%。世間のベッキーに対する注目度がどれほど高かったかを物語っています」(大手広告代理店幹部)

 そんななかでも“恩を仇で返された”とカンカンに怒っているのが、ゴールデン・プライム帯で最も多くベッキーのレギュラー番組を抱えている日テレだ。現在、ベッキーは『真実解明バラエティー!トリックハンター』『天才! 志村どうぶつ園』『世界の果てまでイッテQ!』など計3本を抱え、“WIN&WIN”な関係にあったはずなのだ。