NEW

シェイクスピア作品は“娯楽映画”の原点ーー現代的アプローチで描く『マクベス』の特徴

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 1999年、オーストラリアの田舎町で11もの損壊した変死体が発見された。犯行グループはやがて逮捕されたが、捕まった首謀者の供述によると、彼は小児性愛者や同性愛者を深く憎悪しており、そのような人々を次々に監禁・拷問し殺害したのだという。被害者のなかに10代の少年も複数含まれる、この「オーストラリア史上最悪の連続殺人」が、今回考察する映画『マクベス』に繋がっていると言ったら、意外に思うだろうか。

 この事件は、『スノータウン』というタイトルで、本作『マクベス』のジャスティン・カーゼル監督によって映画化されている。犯人の内面や動機をセリフなどで説明せず、田舎町の閉鎖性や犯人の生活を丹念に描き、また拷問や殺害の様子を克明に再現することによって、観客に異常な世界を体感させる、ストイックかつリアリスティックな手法は高く評価され、カンヌ国際映画祭で特別審査員賞を受賞した。連続殺人の首謀者は、田舎町のある少年にも殺人を手伝わせようとする。はじめて殺害された遺体を目の当たりにした少年が、思わず戸外へ走り出し嘔吐してしまうシーンは印象的だ。

 最初の長編作である低予算映画『スノータウン』が注目された、商業大作監督としてはまだ未知数のカーゼル監督に、英国の大劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる悲劇の代表的作品「マクベス」の実写映画という大作企画が舞い込んだのは意外だ。将軍マクベスが、魔女の予言に従って主君を暗殺し王になるという、この有名な演劇は、舞台劇の定番であることはもちろん、今までにオーソン・ウェルズ監督やロマン・ポランスキー監督、また黒澤明監督による日本の時代劇への大胆な翻案など、過去に数々の名匠によって映画化されてきた。

続きはこちら