NEW

錦織圭選手「グランドスラム制覇」のカギはディーン・フジオカ流の食生活!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

gluten.jpg
絶対王者の勝利の裏に「ピザ断ち」(shutterstock.com)

 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレイクしたディーン・フジオカさん(35)。

 大阪収録の4カ月間、現地名物の粉もん(お好み焼きやたこ焼きなど)が苦手な彼は、常連店で米粉やタピオカ粉を使った特注ピザを食べていたという。

 理由は、彼が穀物(小麦やライ麦など)に含まれているタンパク質の一種に過剰反応してしまう「グルテンアレルギー」の持ち主だからだ。

 そして、同じ体質の世界的有名人にセルビア出身のプロテニス選手、ノバク・ジョコビッチ氏(28)がいる。先日のBNLイタリア国際の男子シングルス準決勝で錦織圭選手(26)が惜敗した「絶対王者」である。

 じつは、ジョコビッチ選手の実家は『ノバク』という名のピザ屋さん。幼少期から自慢の自家製ピザに慣れ親しんできたが、6年前にその後の人生を左右する一大転機を迎える。

 簡易検査で、コンディション不良の主因がグルテン/乳製品の消化が難儀な不耐症と判明したからだ。

脳の初動を速め、体のキレを生む

 直接のきっかけは2010年の全豪オープン準決勝(ツォンガ戦)。優位な展開の試合中に突如、原因不明の腹痛と嘔吐感に見舞われた彼は無念の逆転負けを喫した。