NEW

自分のメモリアルヌードにハマる女たち…服を脱ぐにつれ別人に、リピーター急増

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 七五三に始まり、入学、成人、結婚など、人生の節目の出来事に残す記念写真。近年では、妊娠している女性がその姿をプロのカメラマンに撮ってもらう「マタニティフォト」も定着しつつある。


 そんななか、数年前から女性たちの間で人気を集めているのが、限られた貴重な瞬間を写真に残す「メモリアルヌード」だ。女性たちは、なぜ自分のヌード姿を写真に収めるのだろうか。

脱ぎたがる女性は20~70代まで


「メモリアルヌードとは、『今の姿を残しておきたい』『美しさを未来に残したい』という思いを持っている女性のためのヌード写真のことです。男性の視線を意識したヌードではなく、あくまでも、ありのままの姿を美しく撮るということをコンセプトにしています」

 そう語るのは、日本初のメモリアルヌード専門フォトスタジオ「studio IVY(スタジオアイビー)」を運営するチル・プロダクション代表の梅本裕子氏だ。

 梅本氏によると、同スタジオでは、男性の視線が気にならないように撮影を担当するカメラマンもスタッフも全員女性。2011年にサービスを始めて以来、月平均40件の撮影の予約が入るという。

「年齢層は20代から70代と幅広く、メモリアルヌードを撮りたいという理由もさまざまですが、一番多いのは『30歳になる前の自分を残したい』という20代後半の女性、あるいは『30歳になった記念に』という30代女性ですね。また、結婚が決まった女性には『独身時代の記念に自分の姿を残したい』という人が多い。なかには『今が人生で一番やせているから』という方もいらっしゃいます」(梅本氏)

 25歳のある女性の場合は「成人式の写真を撮らなかったので」と、25歳を節目と考えてメモリアルヌードを撮影した。20代前半の女性のなかには「今は自分が一番キレイな時期だから」といった理由の人もいるという。

半年ごとに撮影する人も「モデル気分がクセに」


 このメモリアルヌード人気の背景にあるのは、ハリウッド女優やスーパーモデルなど、20~30代の女性たちが憧れる海外セレブによる影響だ。

「海外セレブはヌードやマタニティフォトをインスタグラムなどのSNSによくアップしますが、それらの写真の多くはアート性が高く、世界中の女性たちが『素敵』と思うような作品ばかり。それらの写真をスマホで見て憧れ、自分も若いうちにメモリアルヌードを撮って残したいと考える女性も多いようです」(同)

 しかし、当然ながら、誰もが海外セレブのようなスタイルをしているわけではない。メモリアルヌードを決意しても、最初は大半の女性が自分の裸に自信がなく、ヌード姿に対する自己評価も低いという。