NEW

『ディストラクション・ベイビーズ』&『ヒメアノ〜ル』、門間雄介が“ヤバい映画”を分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 真利子哲也監督、柳楽優弥主演『ディストラクション・ベイビーズ』が絶賛されている。

「面白い映画ができました」

 試写の前、真利子監督はニコニコしながら言った。「ぜひ楽しんでください」。でもこれは「面白かった」とか「楽しかった」とか、そういったシンプルな感想とは最も縁遠い作品だろう、多くの人にとって。

 確たる理由もなく人に殴りかかり、伸されてもまた這いあがる獣のような男。柳楽扮する主人公の泰良はそういった男だ。彼のその野蛮な力に、ある者は翻弄され、ある者は惹きつけられ、またある者は恐れを抱く。あたかも暴力そのもの、暴力の化身のような泰良は、観る人に『ダークナイト』のジョーカーや『ノーカントリー』のアントン・シガーを想起させるかもしれない。でもジョーカーやシガーが凶行の果てに快楽を見出すのと違い、泰良はただ反射的に、膝を叩けば足がピョンと跳ねあがるような無意識の反応として、ひたすらに凶行をくり返す。だからそこには、善も悪も、快楽の欠片すらもない。あるのは混じりけのない純粋な暴力だけだ。

 そんな抽象的で象徴的なキャラクターを、柳楽は限りなく透明で、限りなく血なまぐさい存在として演じている。あ、野獣だ。その動物的な芝居に思わず目をみはる。彼のフィルモグラフィーを振りかえるとき、カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した『誰も知らない』以上に、ある意味重要な意味合いを持つのが『許されざる者』だ。「誰?」。彼を観ても、はじめは彼だとわからなかった。クリント・イーストウッド監督の西部劇を、明治時代初期の蝦夷地に移し替えたこの作品で、彼が扮したのは和人の血を引くアイヌの青年。その野性味あふれるたたずまいには、かつてのあどけない面影どころか、スマホを眺め、カフェにたむろするような現代人の痕跡すら微塵もない。

続きはこちら