NEW

セクハラ批判で中止の「美人企業説明会」、違法行為該当も…H.I.S.企画は違法性なし?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東大美女図鑑 公式サイト」より
 先日、旅行会社のエイチ・アイ・エスが主催する「『東大美女図鑑』の学生たちが『あなたの隣に座って現地まで楽しくフライトしてくれる企画』」というキャンペーンが、「セクハラではないか」「性差別的だ」という批判を受けて中止された。


 これは、抽選で当選すると、写真誌「東大美女図鑑」のモデルとなったメンバーが機内で隣に座るなど、一緒に旅をしてくれるというものだ。しかし、インターネットを中心に批判が巻き起こり、同社が特設ページやツイッターで「皆様に、ご不快な思いを感じさせる企画内容でありましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪する事態になった。

 その余波が冷めやらぬなか、5月20日に中止が伝えられたのが「美しすぎず、ちょうどいい感じの美人な人事担当者がいる4社合同説明会」だ。

 これは、プロトコーポレーションなど4企業が合同で2017年卒業予定の学生向けに企画していたもので、「ちょうどいい感じの美人な人事担当者が採用のウラ側を色々とぶっちゃけます」という趣旨で、6月にトークセッションなどが行われる予定だった。しかし、こちらも発表直後から「セクハラ」「性差別」と物議を醸し、早々に中止が発表された。

 実際、これらの企画はセクハラや性差別にあたるのか。法的な観点から、弁護士法人ALG&Associates弁護士の山室裕幸氏は、以下のように語る。

「美人な人事担当者」は違法なセクハラに該当の可能性も


「これらのニュースが流れた時、『明らかにセクハラだ!』と怒る人もいれば、『これはセクハラなのか?』と疑問を持つ人もいます。それは、なぜでしょうか。実は、セクハラという概念には法律上の明確な定義が存在しないため、きわめて多義的な概念として使用されているからです。

 また、世間一般では『セクハラに該当する』と言われている場合でも、法的には違法と判断することができず、倫理やマナーの問題にすぎない。実は、そういったケースが大多数です。

 そのため、とあるセクハラが法的な観点から違法なものなのか、あるいは倫理やマナーの観点から不相当なものであるにすぎないのかを、区別して考えなければなりません」(山室氏)

 きわめて曖昧なセクハラの定義だが、今回の2つの企画に関してはどうなのだろうか。例えば、仮に「セクハラに該当する」として慰謝料の請求が行われた場合、認められる可能性はあるのだろうか。