NEW

金スマ、うさん臭いヤラセ疑惑でもなぜ継続?なんでも鑑定団、今さら福澤朗起用の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッキー
 今年上半期の芸能界を振り返った時、2つの謝罪会見を外して語ることはできないだろう。


 ひとつが1月6日、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音との不倫が報じられた、ベッキーによる緊急記者会見。もうひとつが、1月18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でのSMAPメンバーによる解散騒動についての釈明だ。これについて、テレビ局関係者が振り返る。

「双方に欠けていたのは、視聴者の『知りたい』に応える姿勢です。視聴者が気になっていた“真相”をつまびらかにしないことで、さまざまな臆測を呼び、報道合戦が過熱。何が真実なのかわからなくなり、視聴者には“モヤモヤ”しか残らなくなってしまいました。

 ベッキーは、5月13日の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で謝罪しましたが、いまだに騒動の余波は続いています。最初の会見で正直に不倫を認めていれば、傷の残り方も違ったはずです」(テレビ局関係者)

 つまり、いずれの会見も「トラブルが起きた時に、いかに被害を最小限に抑えられるか」という「危機管理能力」が問われたケースであったことは間違いない。

「さらに、ベッキーの最初の会見は、本来なら個別に行うべきCMスポンサーに向けての謝罪だったにすぎず、SMAPの会見は、彼らの身勝手な『退所』の動きに激怒したといわれるジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長に向けたものだった側面が強い。

 しかも、『スマスマ』『金スマ』と特定の番組内で謝罪したことによって、他局のワイドショーなどは、その映像を使用できなくなってしまった。それだけでなく、ほかの出演番組の担当者の心証も悪くしてしまいました」(同)

 タレントは事務所を敵に回して活動を続けることは難しいし、テレビ局や出演番組に対する配慮もしなくてはならない。もちろん、スポンサーや視聴者の声を無視することもできない。2つの会見には、そんな背景が見え隠れしていたといえる。

タレント起用にも影響を与える「学閥」


 では、タレントをめぐる、さまざまなパワーバランスについて考察してみよう。まず、テレビマンがタレントの起用において重視しているのが、いわゆるネット世論だという。

「制作スタッフのなかには、番組のオンエア中に出演しているタレントの評判をネット検索で見ている人もいます。だから、ツイッターなどの一般視聴者と思われる個人アカウントなんかもよく見ているんですよ。結果的に誹謗中傷されてしまっているケースもありますが、出演者間のバランスで『嫌われ者』役を探している時には、そういった意見が参考になるんです」(同)

 しかし、タレント起用に最も絶大な威光を放つのが、「系列プロダクション」や「同じ大学出身」といった、いかにも日本的な「つながり」だという。