NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

熱で髪を傷めない画期的ドライヤー登場!髪もまとまり水分保持、「頭でっかち」卒業

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dysonスーパーソニック(「Dyson HP」より)
 家電製品でよく知られているダイソンからドライヤーが発売された。ダイソンが理美容品を手掛けるのは初で、話題性はもとよりその機能においても注目を集めている。今回はそのドライヤーについて“ヒットの正体”を探ってみよう。


 ダイソンから発売された「Dysonスーパーソニック」は、今までのヘッドにモーターを搭載する“頭でっかち”な形状ではなく、小柄かつパワフルなモーターをハンドル部分に搭載することによってドライヤーの歴史を大きく塗り替えた。形状も画期的だが、このドライヤーには髪をいたわる機能がたくさん搭載されている。

(1)最適温度を保つインテリジェント・ヒートコントロール機能

 髪をブローする際、過度な熱を当てると髪が傷んでしまうが、一定の熱量は必要。このドライヤーには「インテリジェント・ヒートコントロール」という機能がついており、温度センサーから信号が送られ、温度が上がりすぎないようにコントロールされる機能が備わっている。

(2)マイナスイオンの風

 マイナスイオンの効果は「髪を保湿すること」ではなく、静電気を抑えて髪のまとまりをよくすること。乾かしすぎや熱によるダメージを防いで、必要な水分を保持してくれる。

(3)早く乾かすためのコントロールされた風

 髪はあまり長く時間をかけて乾かすものではない。ただ、風が高速なだけでは早く乾かすことはできない。ダイソンのドライヤーは、高速回転のモーターを使うことはもとより、風圧と気流の適切なバランスを取り、風をコントロールしている。

形状を根本から革新


 上記のような機能もしっかりとこだわっているが、なんといっても目を引くのがその形状である。50年間変わらなかったドライヤーの形状を根本から考え直し、当たり前だとされてきた姿を初めて変えた。ヘッド部分に集中していたモーターをハンドル部分に収めることによって、バランスの良いドライヤーが誕生したのである。

 ダイソンは初のカテゴリーである理美容品に95億円もの研究投資をして毛髪研究所を設立して、今までにない商品を作り上げた。こうした失敗を恐れない勇気のある企業姿勢は、社員個人がヒット商品を生み出すために必要なものである。

 ダイソンは従来のしきたりや決まり事にとらわれず、消費者が何を望んでいるかを考え、「お客は商品の形を見ないと理解できない」という思想の下に消費者のニーズを商品として具現化し提案していく姿は、まさに米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ流だ。