NEW

スマホ、どれも同じで「差」消滅…携帯各社も新機種数を削減

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモはスマホが5機種と、ラインナップは縮小傾向。投入サイクルも年1回に見直す
 携帯電話業界では毎年5月に「夏モデル」が発表されるが、今年は成熟したスマートフォン(スマホ)市場に各キャリア(携帯電話会社)がどう取り組んでいくのかが、大きなテーマとなった。


 この命題に対し、「使い勝手の向上」で応えたのがNTTドコモだ。夏モデルの共通機能として「スグ電」を投入。これは、スマホを振って特定の相手に電話をかけたり、耳に当てるだけで電話に出たりできる機能のこと。開発はドコモが主導しており、「Galaxy S7 edge」や「Xperia X Performance」などの機種に、共通してプリインストールされている。

 スマホの基本機能である電話機能にもさらなる磨きをかけてきた。LTEを経路に使い、高音質な音声通話を可能にするVoLTEを強化。GalaxyとXperia、AQUOS ZETAの3機種が「VoLTE(HD+)」に対応する。これはVoLTEのコーデックを「EVS」に変更したもので、「FMラジオ並みの音質」(ドコモ関係者)を誇る。対応機種は限られるが、肉声をよりクリアに聞き取れるようになるのはユーザーのメリットだ。

 また、ドコモは「おすすめ使い方ヒント」と呼ばれる機能も、夏モデルに内蔵した。これは、文字通りポップアップで操作方法のヒントが出る機能。スマホに慣れていないユーザーを取り込むためのヘルプ機能のようなものだが、直接、設定画面に飛ぶこともできる。「詳しいユーザーがウザいと感じないよう、判定するロジックも入れている」(同)といい、押しつけがましくならないような注意も払われている。スマホの使い勝手を底上げする機能をアピールしてきたドコモだが、これは冒頭で述べたスマホの成熟化に対する答えのひとつだ。

夏モデルでは「スグ電」など使い勝手を高める機能に力を入れた

ラインナップ縮小の傾向


 一方で、スマホ同士の差が出しづらくなっているのも事実。そこでドコモは、同時に「ラインナップを1年間で1機種出すというスタイルに変えていきたい」(プロダクト部長 丸山誠治氏)と、ラインナップの縮小も進めていく。

 スマホの進化が以前より緩やかになるなか、夏と冬春の2回、高機能なモデルを出す意味は薄れている。ほぼ同じような機種が2回続けて出るのであれば、1回にまとめて調達量を増やしたほうがいいというのがドコモの考えだ。ただし、これは同一ブランドの新端末発売が年1回になったというわけではない点には注意が必要となる。