NEW

思わぬ相手に届いた“手紙“は、物語をどう動かす?『すれ違いのダイアリーズ』『若葉のころ』評

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同姓同名の別人のもとに届いてしまった手紙……いわゆる“誤配”をきっかけに謎めいたドラマがスタートする、岩井俊二監督の映画『Love Letter』(1995年)を例に挙げるまでもなく、「宛名とは異なる人物が読んでしまった手紙」というのは、古今東西、映画のなかで繰り返し描かれてきたモチーフだ。盗み読まれた手紙、あるいは思わぬ相手から届いた返信など、そのバリエーションは枚挙にいとまない。そして今、その変奏とも言うべき“メール”や“日記”を重要なモチーフとしたアジア映画が2本、好評のうちに公開されている。ひとつは5月28日公開された台湾映画『若葉のころ』。そしてもうひとつは、5月14日に公開されて以降、ジワジワと人気を集めているタイ映画『すれ違いのダイアリーズ』だ。(※メイン写真は『若葉のころ』より)

 「若葉のころ」の邦題で知られるビージーズの情感溢れるメロディに乗せて、母と娘、それぞれの初恋を、痛みや喪失とともに鮮やかに描き出す『若葉のころ』。その主人公であるバイ(ルゥルゥ・チェン)は、離婚した母と祖母の3人で暮らす、17歳の女子高生だ。しかし、ある日、彼女の母であるワン(アリッサ・チア)が交通事故に遭い、意識不明の重体となってしまう。悲しみに暮れたバイは、母のパソコンから、母が初恋相手に宛てた未送信のメールを発見する。そこには、1982年、自分と同じ17歳だったころの母の思い出が、切々と綴られていた。ほのかな恋心、親友の裏切り、父親の新しい家庭、そして意識の戻らない母親。行き場の無い感情に苦しむバイは、あるときそのメールを母親の初恋相手に送信してしまうのだった。以降、母の初恋相手である中年男性と、母になり済ました娘の奇妙なメールのやり取りがスタートする。

続きはこちら