NEW

元極楽・山本圭壱、復帰絶望的な状況に…周囲が「キー局復帰断念」を勧める

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプション
 極楽とんぼの山本圭壱がTwitterの利用を開始し、本格的に芸能活動を再始動する動きをみせている。山本が先月24日、Twitterアカウント(@yama_gokuraku)を開設したところ、親交がある芸能人たちは次々とフォロー。田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が「『成るようにしか成らん』 山本圭壱さんの言葉です… この言葉に何度も助けられました」と写真付きでアカウント名まで記載するなど、バックアップは十分なようだ。


 山本といえば2006年に未成年少女への暴行事件を起こし芸能界を引退し、その後はサーフインストラクターをする姿や自身もファンである広島カープのキャンプに現れ選手と交流するなど、たびたび話題になっていた。謹慎中の山本を知る関係者は語る。

「未成年への暴行ということで、これまでキー局はもちろん地方局も山本さんを起用することは避けていました。しかし、地道な努力ともともとの人柄から、手を差し伸べてくれる人が複数人いたのです。しかし、事件内容にもまだ批判があるのに加え、現在のテレビの主要な視聴者層が50代以上の女性だという現実を踏まえると、完全復帰は厳しいのが実情です。特にキー局番組への復帰は難しく、最近では業界関係者が山本本人に『地方局でがんばるしかない』とアドバイスしているようです」

 復帰を目指し昨年1月19日には下北沢駅前劇場で行われたお笑いライブで8年半ぶりに芸能活動を再開するも、以降は完全復帰を思わせる活躍を見せられず。Twitterでは何かの素材のため撮影をする姿が動画でアップされていたが、テレビで山本を見るにはまだ時間がかかりそうだ。
(文=編集部)