NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

あの業績低迷企業に「乗っ取り」騒動勃発!全取締役解任を要求、謎の企業の正体

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 企業経営には、時として青天の霹靂のような事態が発生する。それは企業にとって好ましいことばかりではない。まさに今、良からぬ事態がジャスダック市場に上場しているプラコーという企業に起きている。


 5月27日、「株主提案に対する反対表明のお知らせ」がプラコーから発表された。この発表文は、有限会社フクジュコーポレション(以下、フクジュ)から取締役5名と監査役1名を選任するよう株主提案がなされ、これに対してプラコー側が反対を表明したものだった。

 フクジュ側は株主提案の理由について次のように述べている。

「取締役候補者は、いずれも、業績拡大を目的に経営陣と一体となり、(1)主力事業の強化、(2)海外戦略の展開、(3)新領域ビジネスの創造を実践することが可能な人材です。加えて、新領域分野でのビジネスの創造を行い、既存の事業資産を活用しながら相乗効果が期待される新事業を策定し、収益獲得の柱として成長させていく所存です。 取締役候補者は、会社経営の基本方針とされる適正利益の確保と企業の発展、株主への配当を実現して社会貢献できる企業を目指します」 

 これに対して、プラコー側は反対の主な理由として以下の点を挙げている。

(1)株主提案では、現任取締役が1名も候補者となっていないため、承認された場合には、同社の事業に一切関与した経験が無い取締役のみで経営が行わることになる。
(2)株主提案は取締役候補者、監査役候補者の詳細な略歴が記載されていないばかりか、社内取締役候補者と社外取締役候補者の内訳も明記されていない。

 この株主提案には、不可解な点がいくつかある。まず、「業績拡大を目的に経営陣と一体となり」と提案しているにもかかわらず、プラコー側が指摘するように、株主提案では現在の経営陣が一人も残らないのだ。常識的に考えれば、プラコーという製造業で、その業務に携わった経験のない者だけが経営者となっても、企業経営がうまくいくとは考えられない。これは「企業の存続」を前提とした提案とはいえないだろう。フクジュ側にその意思を尋ねたところ、「十分な経営ができるだけの事業の対するノウハウは持っている」という非常にあいまいな回答しか得られなかった。