NEW

清水崇が語る、4DX専用ホラーに挑戦した理由 「心理的な面でエフェクトを使えば、全く違う映画体験ができる」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『呪怨』『ラビット・ホラー3D』の清水崇が監督を務める4DX専用ホラー『雨女』が5月4日に公開された。『TOKYO TRIBE』でヒロインを演じた清野菜名が主演を務める本作は、雨の日の夜に、必ず同じ悪夢を見る理佳(清野菜名)が“雨女”の恐怖に魅入られ、翻弄されていく姿を描く。ジャパニーズホラーの最盛期を築いた清水は、なぜ体感型の映画上映システム“4DX”の技術をホラー映画に取り込んだのか。制作に臨んだ背景やその舞台裏、技術とホラーに対する考え方についてまで、じっくりと語ってもらった。

■日本的なトーンを4DXで表現

ーーもともと4DXには関心があったのでしょうか?

清水崇(以下、清水):いえ、まったく関心はなかったですね。はじめにお話をいただいたときは、まだ4DXを観たことがなかったし。僕自身がアナログな人間なので、4DXや3Dといった新機軸のシステムに不慣れなところがあって……『ラビット・ホラー3D』などの3D映画を撮ったときも苦労しました。正直に言うと最初はあまり乗り気ではなかったのですが、色んな4DX作品を観ていくうちに徐々に興味が湧いてきました。

ーーどんな部分で興味をそそられたのですか?

清水:ハリウッドの派手な作品を4DXにすることが多い中、日本ならではのジトッとしたトーンを表現するのは面白いのかなと思いました。今まで4DXを前提にしている作品がほとんどなかったので、映画としての物語がしっかりあって、そこに心理的な面でもエフェクトを上手く使っていければ、他とは全く違う映画体験ができると思いました。4DXでしか上映しない、エフェクトを何回もチェックさせてもらうなど、色々と条件を付けさせていただいた上で、引き受けさせていただきました。

ーー脚本の書き方など、通常の映画とは大きく違いそうですね。

続きはこちら