NEW

幻冬舎が安倍首相と結託してまた政権PR本を出版! 著書は“安倍の太鼓持ち”で有名だった元TBSの官邸担当記者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

souri_160607.jpg
『総理』(幻冬舎)

 今週9日に、とある本が幻冬舎から出版される。書名は『総理』。著者は、安倍首相が官房長官だった時代からずっと番記者として張り付いていた、TBSの元政治部記者・山口敬之氏だ。触れ込みによると、その山口氏が過去の取材内容をもとに、安倍首相の官邸での内情、そして安倍首相を取り巻く麻生太郎や菅義偉といった周辺人物らの動きを〈迫真のリアリティで描く、政権中枢の人間ドラマ〉らしい。

 いったいどんな内幕が暴露されているのか、と思いきや、いち早く内容を知り得た出版関係者によると、「中身は完全な“安倍ヨイショ本”」だという。