NEW

清原和博氏、一部で報じられた早期のテレビ謝罪の可能性は?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1606_kiyohara.jpg

 覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を言い渡された元プロ野球選手の清原和博氏。

 気になるのは今後の去就だが、今後は国の更生プログラムも視野に入れ、入院についても前向きに検討しているという。

 マスコミの間では謝罪会見を望む声がある一方で、当面の間は体調面や精神面も鑑みて、しばらくの間は公の場に姿を現すのは厳しいという見方が大半だ。

 だが、そうした中で今月1日にスポーツニッポンが「清原被告“ベッキー式”テレビ謝罪へ 心身回復すれば収録番組で」というタイトルで、早ければ今月中にも清原氏のテレビでの謝罪が実現する可能性があると報じて話題を集めている。
 
 同紙によると、判決公判当日は会見を開くことができなかったものの、「周囲によると本人は公の場での謝罪を望んでおり、早ければ今月中にテレビで実現する可能性もある」、「TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で不倫騒動の釈明をしたベッキーと同様に収録番組なら『質問にきちんと答えながら釈明し、落ち着いて謝罪することもできるのでは』と周囲はみる」、「知人は『謝罪するなら当然早い方がいい。本人の希望次第では、6月中に実現する可能性もある』と語る」などとし、心身の回復が前提条件ながら清原氏の早期のテレビ出演の可能性をにおわせている。

 こうした報道の背景を別のスポーツ紙のプロ野球担当記者は明かす。

「スポニチさんの記事の裏には、以前から清原と親しくしている在阪のテレビマンの存在があるのでしょう。このテレビマンは視聴率目当てで、必死に清原さんに系列局の番組への出演を打診しているようです。とはいえ、清原さんは心身ともにダメージが大きく、執行猶予中ですからね。本人があっさり頷くとは思えない。しかも、裁判の判決が出たばかりで、いくら高視聴率は間違いなしといえども、番組クライアントのウケも良くないでしょうからね」

 また、逮捕前に清原氏の面倒を見ていた大手芸能事務所の関係者はこう語る。

「さすがにこのタイミングでのテレビ出演は早すぎるだろう。今、テレビなんかに出ようものなら、テレビ復帰を焦ったベッキーと同様に世論の総攻撃を受けかねない。もうしばらくは様子を見た方がいいと思うけどね」

 清原氏が公の場に姿を現すのには、しばらく時間がかかりそうだ。
(文=JAPAN芸能カルチャー研究所