NEW

『デッドプール』が“R指定で最も売れた作品”となった理由ーー善悪を超えたヒーローの革新性

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 コミック原作のヒーロー大作映画がハリウッドを席巻している。だが、その全てが成功しているわけではない。複数の女優や歌手と浮名を流し、2010年に雑誌「ピープル」で「最もセクシーな男」に選ばれたイケメン俳優ライアン・レイノルズが、勢いに乗ってDCコミックス原作のヒーローを演じた『グリーン・ランタン』は、大宇宙を舞台に強大な悪と対決する、200億円の巨費を投じた超大作だったが、全くヒットせず大惨敗を喫してしまった。

 一度スターとしての地位を失ったレイノルズだったが、ヒーロー映画での成功を諦めたわけではなかった。本作『デッドプール』は以前、彼が「X-MEN」シリーズで演じたキャラクター、デッドプールを主役にした企画で、レイノルズ自身が主演、製作に名を連ね、脚本の修正にも携わるという力の入れようで、復帰戦への情熱を感じさせる。X-MENの人気ヒーロー、ウルヴァリンの戦いを描く『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に登場したデッドプールは、コミック版とはかけ離れた性格や能力で表現され、あくまでヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンを引き立てる役でしかなかった。そのため今回は、X-MENとの世界とリンクさせながらも、過去のデッドプールを完全に「無かったこと」として仕切り直し、R指定作品として過激表現を満載し、思い切った方向に舵を切っている。

 そして、公開された『デッドプール』は、『グリーン・ランタン』の4分の1程の予算で3倍の収益を上げるという、アメリカ史上「R指定映画で最も売れた作品」という記録を作るほど、ライアン・レイノルズ起死回生の大ヒットを達成したのである。この復活劇は、同じように『アイアンマン』で再ブレイクしたロバート・ダウニー・Jrを髣髴とさせる。しかし本作のように、子供の観客を切り捨てたヒーロー映画が、何故ここまで圧倒的な支持を集めたのだろうか。

続きはこちら