NEW

「文春」記者がライバル「新潮」で記事を書いてクビに! 明らかになった沖縄バッシング記事のずさんな作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

bunshunshinchou_160610_top.jpg
左・「週刊文春」(文藝春秋)2016年6月16日号/右・「週刊新潮」(新潮社)2016年6月16日号

 芸能人、政界、企業のスキャンダルや不祥事を次々スクープし、常に話題を提供し続けている「週刊文春」(文藝春秋)。だが、そんな向かうところ敵なしの“センテンススプリング”内部で“トホホ”なトラブルが発生、出版業界に別な形で話題を提供している。

 そのトラブルというのは、なんと、同誌の記者がライバルの「週刊新潮」(新潮社)で記事を書いたことが編集部にバレて、クビになったというもの。