NEW

松下奈緒の父親だった!あの超一流企業社長の「評判」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 三井住友アセットマネジメントの社長人事が、思わぬ方面で注目を集めている――。


 同社は、27日付でSMBCベンチャーキャピタル副社長の松下隆史氏を新社長に迎えるが、実は同氏は女優の松下奈緒の父親なのだ。

「松下氏は大阪大学法学部を卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。同行の執行役員を経て、2014年からSMBCベンチャーキャピタルの副社長に就いています。いつもストライプのスーツをビシッと着こなし、いかにもエリート然とした紳士です」(銀行業界筋)

 今回の人事は、三井住友アセットマネジメント現社長の横山邦男氏が28日付で日本郵便社長に就任するのに伴うもの。それだけに後任人事が注目されていたが、松下氏の社長就任は「抜擢人事」との声が一部にはある。

「投資顧問業は今後有望なビジネスだけに、三井住友アセットマネジメントは三井住友フィナンシャルグループ内ではSMBCベンチャーキャピタルよりも格上の存在。格下企業の副社長から格上企業の社長に転じるのですから、確かに抜擢といえそうです。しかし、松下氏はやり手というよりも、これまで在籍してきた企業では無難に仕事を勤め上げてきたタイプ。つまり、横山氏が日本郵便の社長に就かなければ実現しなかった人事で、“抜擢”というよりも“玉突き”人事です」(同)

 さらに、松下氏の社長就任には懸念もあるのだという。

「投資顧問会社は、顧客に資産の売買などを繰り返しさせて同じグループ傘下の金融機関に手数料に入るようにしたり、グループ企業の金融商品ばかり積極的に販売したりと、顧客よりもグループの利益を優先させる傾向があります。しかし、業界最大手の三井住友アセットマネジメントは横山氏の強いリーダーシップの下、こうした姿勢を改め顧客優先へと舵を切ったところでした。後任の松下新社長がこの改革路線を継承するのかどうかは、不透明なところです」(同)

 ともあれ、社長に就任する松下氏にとっては、めでたいことに間違いない。一方、“社長令嬢”となる娘の奈緒はといえば、現在放送中の主演ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)の平均視聴率が4%台を記録して苦戦中と、決しておめでたくはない状況。心の底から、父親のステップアップを喜ぶことができればいいのだが。
(文=編集部)