NEW

さまぁ~ず大竹が筋膜炎で「モヤさま」欠席 「夜中に死ぬと思った」その症状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

ashi.jpg
突然見舞われる「筋膜炎」で歩行困難に(shutterstock.com)

 お笑い人気コンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さん(48)が、先月下旬に緊急入院した。気になる病名は、あまり聞きなれない「筋膜炎」――。

 テレビ東京系のレギュラー番組『モヤモヤさまぁ~ず2』(6月12日放送分)の冒頭で、三村マサカズさん(49)は“相方の不在理由”を次のように釈明して当日のロケを始めた。

 「大竹が筋膜炎で……オレも初めて聞いたんだけど、もぉ、脚が痛くて痛くて今、車椅子で生活してるらしい」

 この「筋膜炎」は、男性ならば40歳以上、女性の場合は50歳以上で、ある日突然見舞われる疾患だといわれている。

 番組中盤、電話による出演となった大竹さんは、謝罪しながら「足がね、一切動かなくなっちゃいまして。歩けなくなっちゃいまして。ものすごい怖いよ。夜中に死ぬと思った」と、その痛みを明かした。