NEW

小林麻央の乳がん、「土足で踏み入り執拗に」報じるマスコミは違法行為該当の恐れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小林麻央
 6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵が記者会見を開き、妻の小林麻央が乳がんを患っていることを公表した。


 会見では、小林の病状が伝えられると同時に、「みなさん、絶対追っかけて来ないで」と過熱する報道に海老蔵が釘を刺す場面も見られた。その後も、海老蔵はブログで「マスコミの方々にはしつこいようですが静かに見守って頂きたいです」「お仕事である事は重々承知しておりますが、人の命に関わることです」「マオ本人の負担になるような撮影はやめてください」と取材の自粛を繰り返し求めている。

 そもそも、一部スポーツ紙が小林の病気について報じたため、自宅周辺にマスコミが殺到、海老蔵が会見を開いたという経緯がある。小林のがんは「比較的深刻」とのことで、今後も治療の過程が報じられることは想像に難くないが、それによってマスコミがプライバシー権の侵害などに抵触する可能性はあるのだろうか。弁護士法人ALG&Associates弁護士の山室裕幸氏は、以下のように語る。

「プライバシー権とは、『私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利』であるところ、個人の病状に関する情報がプライバシーに属することについては裁判所も認めています。

 もっとも、プライバシーに属する情報を公開し、対象となった人物に不快や不安を感じさせた場合であっても、必ずしもプライバシー権の侵害(民法709条)になってしまうわけではありません。

 本人の承諾がある場合や諸般の事情(報道の目的、必要性、態様、対象者の公的性格など)を総合的に考慮し、プライバシーを公開することに正当な理由があると認められる場合などには、プライバシー権の侵害にはならないものと考えられています。

 さて、今回の件については海老蔵さんが会見を開いた上、病状について一定の説明をしているため、会見の際に海老蔵さんが発言した事実はもちろんのこと、発言内容から一般的に推測し得る事実についての報道などをするのであれば、麻央さんによる承諾があると考えられるため、違法との評価を受けることはないと考えます。

 次に、海老蔵さんが会見で語らなかった事実を突き止めた上で、それを報道した場合などについては、海老蔵さんが会見で取材の自粛などを求めていることから考えて、当該報道に麻央さんによる承諾がないことは明らかです。

 また、個人の病状は特に秘密性の高いプライバシー情報であることや、麻央さんの病状について報道などをすることに公益性があるとはいえないことなどから、正当な理由があるとは認められない可能性もあります。

 したがって、海老蔵さんが会見で語った事実を超えるような内容の報道などをしてしまった場合、その内容にもよりますが、麻央さんのプライバシー権を侵害するものとして違法、との判断を下されてしまう可能性があると考えます」(山室氏)