NEW

『ハイ・ライズ』日本オリジナル予告編でトム・ヒドルストンが“全裸”に!?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 8月6日に公開されるトム・ヒドルストン主演作『ハイ・ライズ』より、日本オリジナル予告編と本ビジュアルが公開された。

 本作は、『太陽の帝国』『クラッシュ』などで知られるJ・ G・バラードのSF小説を、『キル・リスト』のベン・ウィートリー監督が映画化したもの。階層ごとに社会的地位で分けられた“階級社会”の40階建ての高層マンションを舞台に、パーティ三昧の贅沢な毎日を謳歌するセレブたちの生活が、ある夜の停電を境に、マンション全体を巻き込んだ暴動へと発展していく模様を描く。

 このたび公開された予告編では、ヒドルストン演じる医師ラングが、“ハイ・ライズ”での新生活を謳歌する模様が映し出される。アイアンズ演じる最上階に君臨する建築家ロイヤルや、ミラー演じるラングと濃密な関係を築くことになるシングルマザーのシャーロットらと接点を持ち始めたラングは、次第にマンションのもうひとつの顔”を知ることになり、終盤には、エヴァンス演じるTVディレクターのワイルダーから「お前みたいなヤツが実は一番怖い」と突きつけられる様子が捉えられている。

参考:続きはこちら