NEW

70代、80代でも筋トレすれば効果あり!下半身を鍛えて効率的に筋肉量を増やす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

eco.jpg
高齢者と若者が同じ「ランニングエコノミー」!?(shutterstock.com)

 ランナーの「燃料効率」は高齢になっても衰えない――。「65歳以上のランナーは、若いランナーとほぼ同じ割合で酸素を燃焼できる」という研究結果が、米フンボルト州立大学運動 学部准教授のJustus Ortega氏らによって報告された。

 前回、時間がなくても効果的な運動を行うことは十分に可能だということを伝えた。
 今回は、「運動をはじめるのに“手遅れ”はない」という話だ。

 『Medicine & Science in Sports & Exercise』4月号に掲載されたこの研究によると、高齢ランナーは、たとえペースが変化しても、運動中は若者と同様のエネルギー代謝、つまり優れた「ランニングエコノミー」を維持していることが判明した。