NEW

足首のケガで心臓や呼吸器系の障害リスクが上昇!膝や腰などの負担にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

ankle.jpg
リハビリをしないと足首が“弱い”ままに(shutterstock.com)

 ほんの小さな段差で足の置き所を間違えて “グギッ”とひねり、思わず焦った体験は誰にもあるだろう。全身の中でも足首は、二足歩行による強い荷重を常に受け止めている。そのため、足首の捻挫や骨折は、激しいスポーツの最中だけでなく、日常生活でも意外と起こりやすい。

 実は、こうした足首のケガは私たちが思っている以上に健康面に大きな影響をもたらすかもしれない。足首を負傷した人は、後に身体障害や関節炎、心臓や呼吸器系の障害を起こす確率が高い傾向にあることが、新たな研究で明らかになったのだ。