NEW

あの元AKBメンバー、選挙特番で放送事故レベルのバカすぎる発言連発で波紋

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NMB48劇場(「Wikipedia」より/Melkul)
 7月10日に投開票が行われた第24回参議院議員通常選挙。改選121議席のうち、自民党と公明党の連立与党が70議席を獲得すると同時に、いわゆる改憲勢力が議席数の3分の2以上を占める結果となった。


 ジャーナリストの池上彰氏がメインキャスターを務めた『TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)、櫻井翔(嵐)や小山慶一郎(NEWS)らジャニーズタレントが登場した『ZERO×選挙2016』(日本テレビ系)など、各局とも選挙特番に力を入れていたなか、元NMB48門脇佳奈子の発言が物議を醸している。

 門脇が出演したのは『ジャッジ 2016ひょうご参院選』(サンテレビ)。兵庫選挙区で3選を果たした自民党の末松信介議員に対して、「どうしても質問したいことがありまして」と切り出した門脇は「末松さんのカラオケの十八番がAKB48とお聞きしたんですけど」「私、元NMB48なんですけど、NMB48は知ってますか」と質問した。

「わかりません、すいません」と戸惑う末松議員に対して、門脇はさらに「大阪で活動しているんですけど、ぜひNMBのほうも応援よろしくお願いします」「NMB48の曲も、ぜひ歌っていただきたいなと思います」と続け、当選議員を前にNMBのアピールに終始した。

 これに対して、インターネット上では「放送事故」「KY発言すぎる」「選挙特番ブチ壊し」との声が噴出している。テレビ局関係者が語る。

「今回から選挙権年齢が18歳に引き下げられたことで、各局とも選挙特番に藤田ニコルやSKE48の松井珠理奈を起用するなど、若者層を意識したキャスティングが目立ちました。19歳の門脇もその恩恵を受けたかたちですが、今回の発言はさすがに場違いすぎて常識を疑われても仕方がありません。当選した議員に対して『おめでとうございます』の一言もなく、宣伝活動ともとられかねない発言を繰り返したわけですから。

『激突!選挙スタジアム2016』(TBS系)で特別リポーターを務めた同じ19歳の松井は無難に取材をこなしていたため、余計に門脇の失態が目立っています。また、元AKBグループでいえば、以前から『政治家に向いている』といわれる高橋みなみは『池上彰の参院選ライブ』で『(安倍晋三首相に)若者向けの政策を聞いてみたい』と語るなど、ある程度の存在感を出していました。

 NMBといえば、6月の『選抜総選挙』で山本彩が過去最高の4位にランクインするなど、彼女が1人で人気を引っ張っています。1月には初のドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』(東宝映像事業部)が公開されるなど、SKEやHKT48に負けじとがんばっているところだけに、元メンバーの失態に『上昇ムードに水を差された』と激怒するファンもいるようです」

あの元AKBメンバー、選挙特番で放送事故レベルのバカすぎる発言連発で波紋のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NMB48参議院参院選末松信介自民党選挙門脇佳奈子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!