NEW

元社員の告発による「EXILE」事務所のパワハラ騒動、芸能界からは微妙な反応が…

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1607_exile01.jpg

「EXILE」や「三代目 J Soul Brothers」、「E-girls」らを抱え、今や芸能界でも飛ぶ鳥を落とす勢いの芸能事務所「LDH」だが、元社員がその“体育会系イジメ”体質を「週刊文春」の7月21日号で告発して話題を集めている。

 同社といえば、「EXILE」のリーダーのHIROが社長を務めていることは広く知られており、今月16日からは、「EXILE TRIBE」のメンバーたちが結集した映画「HiGH&LOW THE MOVIE」も公開されたばかりだ。
 
 同誌によると、元社員に対する猛烈なパワハラの“主犯”は双子の“名物役員”のX氏とY氏だそうで、元社員はささいなことで土下座させたり、ラーメン10杯の完食を強要されたりしたという。

 また、時間外勤務に対して適正な残業代をもらえず、労働基準監督署に相談した元社員もいたとか。

 同社の関係者は絶対匿名を条件にこう明かす。

「X氏もY氏も若い頃はかなりヤンチャだったようで、HIROさんの考えに共感して一緒に今の事務所を設立しました。数年前までHIROさんがパフォーマーとして“表”に出ていたこともあり、3人の“トロイカ体制”というよりは、実務全般はXさんとYさんが仕切っていたと言ってもいい。ちなみに、Yさんの奥さんが某有名女優のOさんであることは有名です」

 今回“パワハラ”を報じられたX氏とY氏だが、業界内での評判はそれほど悪くないようだ。音楽誌編集者は明かす。

「X氏もY氏も昔はヤンチャだったのかもしれませんが、少なからず今は偉ぶるところもないし、どちらと言うと礼儀正しいイメージですけどね。芸能プロの中には、スポーツ紙やテレビ局といった大手メディアばかりをチヤホヤするところもありますが、あそこの事務所は小さな媒体でもきちんと取材対応するイメージもありますし。まあ、社内のことまでは詳しく分かりませんけどね」

 そうした中、別の芸能プロダクションの幹部は今回の報道について語る。

「もちろん“パワハラ”を肯定する気はないけど、この業界はいわば職人の世界というか、程度の差こそあれ、先輩が後輩を殴ったり、残業なんて日常茶飯事だったからね。まず、名前で呼ばれるまでに何年かかかったし、物や灰皿が飛んでくるなんてしょっちゅう。普通に現場に置き去りにされたりしていたから。ラーメン10杯の完食というのは初めて聞いたけど(笑) それは裏方に限らず、付き人からデビューした芸能人なんかも、今の人たちから見れば信じられないようなひどい目に遭っていたと思うよ。そういう意味では、今回の報道にあまり驚きはないというのが正直なところだね」

 そのうえでこう続ける。

「まあ、みんなこの業界が好きだから理不尽な目に遭っても耐えていたし、そういう人たちが“トバず”に残って偉くなったり、タレントとして有名になったりしている部分もあるからね。ただ、今の時代にそぐわないという意見があるのも確か。昔はウチらと“体質”的にあまり変わらなかったテレビ局や広告代理店、新聞社、出版社なんかも、最近は“パワハラ”問題にはかなり気をつけているみたいだし。番組の収録現場や取材現場なんかでも、みんなきちんとしているからねえ。そういう意味では我々の業界は遅れているのかしれないし、気をつけないといけないとは思う」

 実際、インターネット上では「意外性がない」、「芸能事務所だと当たり前っぽい」という声がある一方で、「がっかりした」、「イメージ最悪!」といった批判的な声が多い。

 体育会系的なノリやヤンキーっぽさも魅力の要素となっている観もある「EXILE TRIBE」だが、今回の報道は今後も波紋を広げそうだ。

(文=JAPAN芸能カルチャー研究所

関連記事
現役放送作家が格安ギャラ事情を暴露!!

フジがすがる松嶋菜々子はVIP待遇!?

竹内結子が私生活でも「神対応」!?