NEW

80年代カルチャーを詰め込んだ『シング・ストリート』、個性溢れるファッションの魅力

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 現在公開中の映画『シング・ストリート』が、80年代カルチャーを活き活きと再現していることで、話題を集めている。本作は、『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督が新たに手がけた青春映画。1985年、歴史的な不況に突入したアイルランドのダブリンを舞台に、サエない日々を送っていた少年・コナーが一目惚れした女性を振り向かせるためにバンド活動をはじめる模様を描く。SNS上では「サイコーという言葉に尽きる」「傑作。何度でも観たい」「昔みて今でも大事に心にしまってある一本の映画をみたような幸福感」と、賞賛の声が相次いでいる。

 デュラン・デュラン、ザ・キュアー、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム、ホール&オーツ、a-ha、スパンダー・バレエなど80年代ミュージックが使用されており、音楽を軸に物語が展開されていく。時代設定に基づいた素晴らしい音楽の数々に懐かしさ、あるいは新鮮さを覚える方も多いだろう。しかし、本作の見どころは音楽だけではない。80年代ファッションをふんだんに取り入れた“衣装”もまた面白いのだ。

続きはこちら