NEW

優先席に座る“健康そうな人”を「けしからん!」と感じたら……「ヘルプマーク」を知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】


helpmarktokyo.jpg
「ヘルプマーク」を知ってますか?(東京都福祉保健局のHPより)


 高齢者ではないのに、電車やバスの優先席に座っている健康そうな人を見て「けしからん!」と感じたことはないだろうか。怒りを感じる前に、その人の鞄などに白い十字とハートマークのついた赤いタグをつけていないか確認しよう。

 赤地に白抜きの十字とハートマークのタグは「ヘルプマーク」といって、義足や人工関節、内部障害、難病、妊娠初期の人など、外見からはわからない障害を抱えている人が身につけている。

 さまざまな事情から、健常者より疲れやすかったり、同じ姿勢で立っているのがつらかったりする人々で、周囲の配慮や支援を必要としている。裏側のメモには「義足です」「ペースメーカーをつけています」などその人の状況や助けてほしい内容が書かれている。

 ヘルプマークを身につけた人を見かけたら、電車やバスで席を譲る、困っているようなら声をかけるなど、思いやりのある行動が求められているが、認知度は今イチだ。

知らなかったことで情けない思いを……

 7月10日にイラストレーターの「ぷちめい」さんがTwitterに投稿したヘルプマークについての漫画は一躍話題となり、リツイートは5万回以上。このツイートを見てはじめてヘルプマークのことを知ったという人もいるかもしれない。

 通勤電車内で座っていたところ、見たことのない赤いタグをかばんにつけた男性がぷちめいさんの目の前に立っていた。大汗をかいて独り言をつぶやいていた男性を不審に感じながらも、タグの意味を知らなかったので席を譲ることはなかった。