NEW

『X-MEN:アポカリプス』、“2代目ストーム”アレクサンドラ・シップの特別映像公開

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』より、ストーム役のアレクサンドラ・シップが自身の役柄について語る特別映像が公開された。

 本作は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続く、『X-MEN』トリロジーの完結編。若きX-MENと最古最強のミュータント“アポカリプス”との戦いを描く。ブライアン・シンガー監督がメガホンを取り、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックらが出演する。

 このたび公開されたのは、前作のハル・ベリーからキャラクターを受け継いだ“2代目ストーム”役アレクサンドラ・シップの特別映像。映像の冒頭では、最強のミュータント・アポカリプスが、堕落した人類を正すために招集した“黙示録の四騎士”の1人であるストームが、目を怪しく輝かせ、稲妻光る腕から嵐を呼び起こす姿が捉えられている。インタビューの中でシップは、「ストームは邪悪さで満ちてる。アポカリプスが力を与えたの」と、ストームのミュータントとしての能力の強さを説明する。

参考:続きはこちら