NEW

さんま、SMAP解散騒動時の不仲ぶり暴露「みんな顔も合わせず」…中居「今は全然円滑」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=編集部
 フジテレビ毎年恒例の『FNS27時間テレビ』が7月23~24日にかけて放送されたが(『FNS27時間テレビ フェスティバル!』)、番組内で今年1月に日本中を騒がせた“あの騒動”の裏側が明かされた――。


『さんま・中居の今夜も眠れない』のコーナー内で、お笑いタレントの明石家さんまは中居正広SMAP)に対して「今日は中居、今日はツラいねん。世間もSMAP騒動を、ここでちょっと、ぶっちゃけた話するわ。お前は黙って聞け」と切り出した。

 まずさんまは、7月に放送されたTBS系、フジ系、日本テレビ系の音楽特番にSMAPとして出演しなかったことが話題を呼んでいることについて触れ、「ファンのために、歌番組、なんで出えへんのや?」と質問。中居は「体調が悪かった。その時、ちょっと声を飛ばしちゃってて、喉のコンディションが良くなくて。僕の調整不足でした」と答えた。これを受けてさんまは、「そんなんで片付けられへん、中居、なあ」と納得しない様子をみせた。

 続けて、昨年のクリスマスに放送されたさんまとSMAPが共演する日テレ系特番に出演した際のことを振り返り、「オレは騒動のことを(事前に)薄々聞いてたのよ。ディレクターとかから『そういう騒動があるんですけど、どうしましょう?』ってなって、それ(=番組の放送)もなくなるかもわかりませんっていう噂が流れて、その時に日テレの番組に行ったんや」と明かした。

 さらにその特番の生放送中の様子について、「本番中、いつもなら(SMAPメンバーの)誰かがしゃべったら、みんなバーッと被せていくのに、誰かしゃべっても被せていかへん。オレが変な被せ方して、トーク下手くそにみえた。1分間のCMを待ってるわな、みんな顔も合わせず、真っ直ぐ見たまま」などと暴露し、かなり緊迫した雰囲気のなかで収録が行われていたことを明かした。 

「今は全然円滑にいってます」


 そしてさんまは中居に対し、「ファンのために、歌だけは歌ってあげてくれ。(SMAPデビュー)25周年なのに、コンサートもやらない、曲も出さない。ファンは長年見守ってくれてんねん。その人の気持ち、わかってんの? お前ら5人が考えてんの?」と説教した。