NEW

江口洋介、会見で報道陣に異例要請…妻・森高千里ネタを一切使用NGの事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
江口洋介と森高千里

 江口洋介が今季、テレビ朝日系の連続ドラマ『はじめまして、愛しています。』で、新婚の尾野真千子と夫婦役でタッグを組む。

「養子縁組という、結婚の高齢化や少子化問題など、現代に適したテーマ性のある内容で前評判から上々で、初回の平均視聴率が10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と期待大の滑り出しといえます」(テレビ誌関係者)

 一方で、江口と尾野共に、実生活では不穏な空気が流れているという。尾野は昨年7月に人気ダンス・ボーカルグループのEXILEなどが所属する事務所LDHの役員と結婚。しかし、今月11日に行われた同ドラマの親子試写会に登場した際に、めったに語ることのない夫婦生活について初めて口を開いたかと思えば、「それ(結婚して)以降も、お仕事が続いてなかなか一緒に居られないので……」と不満をこぼした。

 さらに江口の妻で歌手の森高千里について、脚本家の遊川和彦氏が大ファンだったことを明かし、江口へのジェラシーをぶちまけて笑い話を展開し、その場を盛り上げた。

「森高さんの話のくだりを記事にすることに、テレ朝の宣伝から一切使用NGのお達しが出たのです。こちらからしても、尾野さんの話だけあれば十分ですから、すんなり受けましたけど、江口さんサイドは何をそんなに神経質になっているんでしょうか」(スポーツ紙記者)

 その事情について、女性誌の記者は語る。

「もともと森高さんはアイドルですから、結婚後、江口さんは森高さんを全面に出すのを嫌がっていたんですよ。今回のように男性陣を敵に回すという構図が一番嫌いなようです。俳優ですし、今回は尾野さんが妻役ということもあって、役を大事にしたいから私生活は出したくないという江口さんなりのこだわりでしょう」

妻の怒り


 江口といえば、今年4月には「女性セブン」(小学館)で、女優の篠原涼子と“既婚者同士の怪しいデート”が報じられた。2人の親密のようにみえる関係は、昨年10~12月に放送されたフジテレビ系の連ドラ『オトナ女子』での約10年ぶりの共演がきっかけ。

「2人の間に、酒を飲んだり食事をする以上の男女の関係はないようです。しかし、人気俳優と人気女優が2人きりで食事に行くのはまずい。週刊誌に何を書かれたって文句はいえません。そういったタレントとしての自覚という意味では、江口や篠原に比べて森高のほうがしっかりしています。今回のデート報道後、森高は江口に詰め寄ったようですが、江口の言い分を十分理解した上で、二度と誤解を招くような行動はしないように説教したそうです。