NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

乳がんのマンモグラフィ検診、「無意味」との調査結果…不必要ながん治療実施の恐れも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今回は、「がん検診100%」に関する話題で激論です。まず、“常識君”が整理します。厚生労働省が定めたがん検診は、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんで自治体によっては前立腺がん検診も行われています。そこで国策としてのがん検診を行う厚労省のHPをみると、「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」(健発第0331058号平成20年3月31日厚生労働省健康局長通知別添)には、以下のように記載されています。

・胃がん検診、50歳以上2年に1回 問診と胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査
・子宮頸がん検診、20歳以上2年に1回 問診、視診、子宮頸部の細胞診および内診
・肺がん検診、40歳以上年に1回 問診、胸部エックス線検査および喀痰細胞診
・乳がん検診、40歳以上2年に1回 問診および乳房エックス線検査(マンモグラフィ
・大腸がん検診、40歳以上年に1回 問診および便潜血検査

 そしてこれらのがん検診の受診率は、どれも50%以下です。

 そこで、まずがん検診率を50%にしようというキャンペーンも行われています

 そんなHPをザッピングしていると、だいたい同じようなメッセージが出てきます。「国民の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています」というものです。この文言に嘘はなく、統計的な事実です。がんでの死亡率を減らすことは国民の健康にとっても大切であることは間違いありません。

 ここで“極論君”の出番です。「だからこそ、がん検診の受診率を100%にすれば、多くのがん患者ががんを早期発見できることになり、がんでの死亡率を減らすことができるのだ」とまくし立てます。確かに直感的にはそうでしょう。現状では2人に1人も受診していないがん検診です。まずは50%、そして将来的には100%の受診を目指すことは間違っていないようにも思えます。

がん検診は無意味?


 そして、いよいよ“非常識君”の出番です。「最大の問題点は、がん検診をしたからといって死亡率が下がるということが本当に正しいかということです」と、とんでもない意見を述べます。自覚症状がない患者さんにがん検診をすれば、がんが早期に発見できる可能性は大きくなります。