NEW

ポケモンGOで「自己破産」!? チャリプレーヤーは自転車事故保険に加入すべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

pokemongo.jpg
ポケモンGOの公式HPより

 「ポケモンGO」を操りながら自動車を運転するなどで取り締まりを受けた数が71件、さらに人身事故が4件、物損事故が32件――。

 これが7月22日の配信開始以降、25日午前11時半までに全国で起きたポケモンGO絡みの事案件数だ(警察庁発表)。

 日本発のゲームでありながら海外配信が先行し、アメリカなどからは熱中するあまりの国境越えや不法侵入による銃殺事件、崖からの転落事故や数多の衝突案件などの関連報道が伝えられてきた。

 日本でも、小中学校の終業式直後に配信を開始。最初の週末、全国の公園や神社仏閣、立ち入り禁止区域などが大騒ぎのにぎわいを見せたのは周知のとおり。

 日本昆虫協会理事にも名を連ねる辛口の漫画家やくみつる氏が「こんなことに打ち講じている人って、心の底から侮蔑します」と、バッサリ斬り捨てた気持ちもわからぬではないほどの狂騒ぶりだ。

利用規約もそっちのけの狂騒陣

 今回のポケモンGOに関する事件事故は、ゲーム通ならば想定外というよりは、むしろ起きても不思議がない事態だと、配信前から懸念していたことだろう。販売元の米国・ナイアンティック社の先手事項(=利用規約)にはちゃんとこう謳われている。

 (利用中に被る可能性のある損害に関して)「お客様が合理的に必要であると考える健康保険、損害賠償保険、災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険、及びその他の保険契約を、お客様の責任において維持することに同意するものとします」

 たかがお子様向け(といっても、ハマっているのは主に20代以降の大人だが)の無料アプリに、何もここまで大袈裟な同意を求めなくても……。そう反応された方こそ、利用規約なんか一瞥もくれなかったのではなかろうか。