NEW
鈴木貴博「経済を読む目玉」

笑ってしまう企業不祥事リスト!を3週間必死に勉強してみて、わかったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地下クイズ王決定戦 HP」より

 いつも優雅にしている私、戦略コンサルタントでビジネス作家の鈴木貴博が死にそうな顔をして必死に、暇さえあれば過去の企業不祥事を勉強し続けるという異常事態が起きたのが、6月末から7月上旬にかけてのことでした。

「いや、鈴木さん、改めて勉強しなくても企業不祥事には詳しいのに」

と優しく声をかけてくれる友人もいたのですが、今回だけはちょっと理由が違うのです。とはいっても安心してください。私の会社が不祥事に巻き込まれたわけではありません。実は想定していなかったこんな事情からなのです。

 みなさんはBSスカパー!の番組『地下クイズ王決定戦』をご存知ですか? 本連載前回記事でも少し触れたのですが、地上波では放送できないジャンルのクイズを、なぜかその分野に詳しい「社会不適合者の解答者のみなさん」が競い合うという「YouTube」でも人気の地下テレビ番組です。

 最初にこの番組を見たときから「自分なら勝てる」と思っていたのですが、今回、不肖私が番組オーディションを通過して、コンサルティング業界からの番組初参戦が決定したのです。

 この番組、クイズが「殺人鬼」「薬物」「芸能スキャンダル」「裏社会」などのアンダーグラウンドな8ジャンルから出題されるのですが、私も昔から未解決事件や陰謀論のマニアで、裏社会事情についてもそこそこの知識はあるのです。「まあ、いけるんじゃないか」と思っていたところ、番組スタッフの方から思わぬ通達を受けました。

「今回、大手暴力団の分裂が緊迫している関係で『裏社会』のジャンルがなくなりました。代わりに『企業不祥事』のジャンルが加わりますので、準備をよろしくお願いします」

 うわー、来てしまいました。自分の仕事ともろにかぶった新ジャンル。実はこれがめちゃくちゃプレッシャーに。なぜなら、自分の専門分野なのに「知らなかった」なんて許されないからです。

「不祥事クイズ対策」の日々


 たとえば、読者のみなさんで日本経済新聞をよく読んでらっしゃる方、こんな問題をいきなり出されて、解けますか?

・問題1:歴代の3社長が不正会計の責任を取って退任した東芝の不正会計問題の一因となった、当時の社長たちが事業部門に要求してきた過剰な業績改善のことを東芝社内では何と呼んでいた?